メヤニを抑制する離型剤はさまざまなタイプから選ぶことができます

SITEMAP

ハンドル

フッ素系離型剤の購入には性能の優れた専門メーカー品がおすすめ

離型剤は樹脂などの加工物を金型から傷めずに取り出すために不可欠な存在ですが、その性質に応じて複数の種類があります。シリコーン系は安価ですが性能が長持ちしないという欠点がありますし、ワックス系は離型性があまり芳しくないといった欠点を抱えています。またこれらの離型剤は金型や製品に成分が付着してしまうため定期的に除去する必要がありますし、溶けた樹脂が口金に滞在することでメヤニ発生の原因にもなってしまいます。

そんな中で注目されているのが、フッ素系の離型剤です。フッ素そのものが濡れにくい性質を持つため、溶けた樹脂が金型や製品にこびり付かない点が大きな特徴です。これまでのフッ素コーティングでは焼き付けを行うためのコストや手間がかかったり、スプレー方式では性能が長持ちしないなど導入にあたっての弱点も幾つか見受けられましたが、最近ではそれらの問題を克服し、フッ素の特性を更に活かした離型剤が専門メーカーから発売されています。

膜厚をほぼ無視できるレベルまで薄くできるため、寸法誤差が生じづらく、複雑形状や精密部品の型抜きにも最適です。刷毛で塗るとかスプレーするという簡単な作業で離型性を長時間維持することができるため、歩留まりや作業効率の改善が見込める点も評価されています。口金に塗布することでメヤニの防止にも役立ちます。

press release

recent news