メヤニを抑制する離型剤はさまざまなタイプから選ぶことができます

SITEMAP

ハンドル

離型剤は金型から取り出しやすい以外にもメリットがある

色々ある離型剤の中でも高機能なものは、フッ素コーティング剤です。金型を使って製品を成形するときに、金型にフッ素コーティングの離型剤を塗ります。すると、金型表面全体をフッ素樹脂の被膜で覆うことができます。強力なフッ素は隣の原子と結合し、他のものが近づいてきても結合は取れないという性質を持っています。金型での成形の場合、製品の原料となるゴムやプラスチック、シリコンと金型は引っ付くことがなくなり、綺麗に分離させることができます。金型と原料が触れる部分のすべりを良くする働きがあり、取り外しやすくなるという特徴があります。
結合は取れないため離型剤は素材の表面に残ります。素材に添加するので、押出成形の時にできやすいメヤニを抑制する働きがあります。成形速度が速くなってもメヤニによる不良品が出にくく、成形された製品は平らで滑らかになります。品質の良い製品に仕上がり、製品を守ることもできます。出来上がった製品はフッ素コーティングさせているため、汚れにくく丈夫です。耐久性の向上の役目もあります。他には、撥油効果があります。金型に汚れが残りにくくなります。原料が金型に引っ付かないので、手入れも楽になります。

press release

recent news